サイトメニュー

病院に通うメリットは

女の人

状態に合わせた治療を

現代人は学校、職場、家庭など様々なストレスにさらされています。出来れば罹りたくはありませんが、今や15人に1人は生涯で1度は罹ると言われるほど他人事ではないのがうつ病です。病気に罹ってしまった場合は専門機関を受診して然るべき治療を受ける必要があります。残念ながら、現代のデータでは患者の4人に3人は定期受診をしていないと言われています。うつは気持ちの問題だけではありませんから、甘く考えずに専門医の治療を受けるようにしましょう。専門というのは精神科・心療内科です。病院にかかる事には沢山のメリットがあります。例えば、鬱の種類やそれぞれの症状ごとに合った内容で薬を処方して貰えます。鬱に対して処方されるのは抗うつ剤ですが、様々な種類があります。急性期、回復期など症状の度合いによって定期的に処方内容も変更されますので、必ず定期的に受診するようにしましょう。また、クリニックでは専門医によるカウンセリングや精神療法を受けることも出来ます。抑鬱状態の時には思考がネガティブになってしまいますので、それを柔軟な思考にかえられるよう指導を受ける事は大切なのです。更には、仕事を公的に休職する場合にも医師の診断書を要しますので受診が必要となります。精神科・心療内科で受ける治療は第一段階としてカウンセリングが行われます。うつはその原因がストレスと密接に関係しますが、今現在抱えた悩みやストレスだけではなく、必要に応じて患者の生い立ちや成長環境にも注目したカウンセリングが行われます。カウンセリングを行ったら、その症状に合わせた内容で抗うつ剤が処方されます。睡眠障害がある場合は睡眠薬など、対症療法のための薬が出されることもあります。抗うつ剤の服用により一時的に症状が寛解する事が予想されますが、そこで気をつけなければいけないのは自己判断で薬をやめない事です。特にうつは再発率が高い事で有名です。医師によっては鬱に完治はあり得ないと考える人もいます。再発したり、症状が悪化したりしないよう、処方薬を変更や中止したい場合は必ず医師に相談しましょう。また、治療において大切な事として、専門医を受診するのと同時進行で休養を取ることが必要になります。学校や会社、家での家事や育児などを休むのです。休息も薬と一緒ですから、症状が良くなっても再発のリスクを考え、自己判断ですぐに復帰するのは避けましょう。