サイトメニュー

無意識下の世界を表現

医者

発症は子供や老人にも及ぶ

殆どの精神科では薬を使ってうつ病を治しますが、心理療法も提供しているメンタルクリニックは数々あります。心理療法では抗うつ剤や気分安定薬などは使わず、対話を中心に治療するのが基本です。そのため副作用の心配をする必要がなく、薬物治療で効果が見られなかった症状でも軽減できる場合があります。中には多彩なプログラムを用意しているクリニックがあるので、薬以外の治療も受けたい時は、心理療法が充実する精神科を探すと良いでしょう。心理療法には砂が敷き詰められた箱に、小さな模型を自由に置く箱庭療法というものがあり、言葉では言い表しにくいものを表現できるようになっています。ですから他人と話すのが苦手な場合でも、心理療法は意外と受けやすいのが魅力です。なんとなく仕上げた箱庭でも、そこには無意識下の世界が反映されやすく、自分では把握しづらい心の奥深くのことに気付けるのもメリットになります。薬物治療とは違う角度からうつ症状にアプローチできるため、うつ病を効率的に治すなら心理療法も有意義です。およそ2%程度の子供がうつ病に罹っているとされており、思春期の年代では大人と大差ない頻度で発症するとも言われています。ただし子供は言葉で自分の気持ちを表すことに慣れていないため、症状が行動に現れやすいのが特徴です。些細なことでも感情をむき出しにしたり、学校へ行かなくなったりするなど、問題行動に走りやすくなります。また、時期的に反抗期と重なるので、それらの振る舞いが精神疾患から来ていることに、親や教師が気付きにくいのも特色です。さらに、子供のうつ病では頭痛や腹痛などの身体症状も伴いますが、上手く言葉で伝えられないため、ズル休みの口実だと誤解されるケースが少なくありません。そして、うつ病には高齢者が罹る老人性もあり、このタイプも原因不明の身体症状を色々訴えるのが特徴です。病院で検査をしてもどこも悪くない場合、老人性のうつ病かもしれませんので、お近くの精神科で診てもらった方が良いでしょう。意欲が薄れたり、思考能力の低下といったうつ病の基本症状が出ていても、歳のせいだと思われたり、認知症に間違われやすいのも老人性ならではです。

女性

楽しく感じなくなったら

うつ病は、行動を制御し、楽しみなど幸福感などを奪っていく病気です。また、再発しやすい病気でもあります。日常生活の環境調整を行いながら、症状が重くなる前に、医師とともに早期治療に取り組むことが大事です。

詳しく見る

ハート

早めに受診しましょう

うつ病は憂鬱な気分が3週間以上続いたり、睡眠の質が低下したり、食欲不振などの症状が見られます。気になる症状が見られる場合は精神神経科の病院やクリニックを受診して下さい。治療費が掛かるイメージがありますが、保険適用が受けられます。

詳しく見る

女の人

病院に通うメリットは

うつ病は専門医による治療が必要です。病院を受診する事で症状に合わせた抗うつ剤の処方を受けたり、精神療法を受けられたりするメリットがあります。治療には抗うつ剤が必須ですが、同時に学校や会社、家事や育児を休む事も大切です。

詳しく見る

看護師

マイナス方向へ働く前に

うつ病の人は、症状を自覚しても元来、マジメな性格というものもあるため、仕事を休む、病院を受診するタイミングが遅れがちです。家族が相談に行くこともできますが、相談や受診先はさまざまなところがありますので、保健所などで聞いてみることも大事です。

詳しく見る

診察

相性も大事だか

うつ病の治療は、医師を信頼して治療に取り組めなければ、なかなか症状が改善していきません。加えて、再発防止に向けた、前向きな取り組みもできなくなります。相性も大事ですが、こだわりすぎずに、よく会話をして信頼関係を築いていくことが大事です。

詳しく見る

人気記事

女性

楽しく感じなくなったら

うつ病は、行動を制御し、楽しみなど幸福感などを奪っていく病気です。また、再発しやすい病気でもあります。日常生活の環境調整を行いながら、症状が重くなる前に、医師とともに早期治療に取り組むことが大事です。

詳しく見る

ハート

早めに受診しましょう

うつ病は憂鬱な気分が3週間以上続いたり、睡眠の質が低下したり、食欲不振などの症状が見られます。気になる症状が見られる場合は精神神経科の病院やクリニックを受診して下さい。治療費が掛かるイメージがありますが、保険適用が受けられます。

詳しく見る

女の人

病院に通うメリットは

うつ病は専門医による治療が必要です。病院を受診する事で症状に合わせた抗うつ剤の処方を受けたり、精神療法を受けられたりするメリットがあります。治療には抗うつ剤が必須ですが、同時に学校や会社、家事や育児を休む事も大切です。

詳しく見る